中小企業・ベンチャー企業向け『オリジナル人事評価制度』は、企業理念と事業目的を形にすることによって、業績向上と社員の幸せを実現します。
  • 経営者の企業理念と事業目的を形にして
    業績の向上と従業員の幸せを目指す
  • オリジナル人事評価制度
  • アクティブ・ソーシング・ジャパン株式会社

はじめにIntroduction

「 人事評価制度」 を見直して、御社の企業改革をより加速させませんか?
まずは御社で想定される項目をチェックしてみましよう!

当社の「オリジナル人事評価制度」の導入効果として下記の成果と検証の結果が報告をされています。
もし御社が導入を されたとすると 、どの項目に どのような 成果が得られる でしょうか ?
まずは、下記よりチェック用シートをダウンロードして、各項目の関連するページを参考に、各項目毎にチェックを入れて、概算で結構ですからその費用対効果を試算してみて下さい。多分、その導入効果にびっくりされると思います。

チェック用シートのダウンロードはこちら

(注) チェック項目は経営に直接関連する内容に限定しています。 構築する制度やシステムの詳細については除外しています。

会社業績への影響

  • 社員が元気になり社内が明るくなる
  • 社員の業務に対する意欲が向上する
  • 意欲の向上が業績にプラスに反映
  • 業務の効率UPして残業時間が減少する
  • 社員の家族の理解・支援が得られる
  • 関連ページ①関連ページ②

管理職の教育・指導

  • 日常業務の中で社外の指導を受ける事ができる
  • 社外との共同作業で発想が柔軟になる
  • 全社一丸の 運用によって 社内の 一体感が増す
  • 部門間のコミュニケーション・情報交換が図れる
  • 管理職としての役割・使命感を常に認識する
  • 関連ページ

企業ブランドの構築

  • 会社の企業理念、事業目的を周知徹底する
  • 会社の目標と自己の目標を常に同期する
  • 元気で明るい会社に誇りを持ち仕事に取組む
  • 取引先や業界での企業評価が高くなる
  • 企業ブランドの確立が将来のビジネス に繋がる
  • 関連ページ

個人面談の実施

  • 社員が元気になり社内が明るくなる
  • 社員の属する部門の課題と解決策の把握
  • 会社に対する現状認識と課題や意見の把握
  • 社内の担当部署・上司では聞けない本音の把握
  • 個人面談を外部委託した 事に対する 社員評価
  • 関連ページ

熟練社員の離職

  • 労働生産性の一時的低下と業務に支障が出る
  • 技術と知識の踏襲に影響がでる
  • 補充採用や教育に多額な費用を要する
  • 社内にいる社員の士気に影響がでる
  • 社外的な信頼、人脈にマイナス効果が出る
  • 関連ページ

優秀な社員の採用

  • 既存社員のモチベーションUPになる
  • 社員の満足度向上で応募数が増える
  • 募集期間の減少で採用コストが削減
  • 質的向上で教育・研修の成果が期待できる
  • 将来の発展への人的基盤が出来る
  • 関連ページ①関連ページ②

如何でしょうか ? 当てはまる項目にチェックを入れて、その項目で発生するプラスとマイナスの金額を大まかに書き出して下さい。勿論、概算数値でその正確性には 難しいものが あるかも知れませんが 、もし 、これらの項目が少し づつでも改善や達成が 出来たとしたら、 企業経営者にとって それがどれだけ 素晴らし いことかは 直ぐに お分かりいただけると思います。 そのための方策について、順を追ってご説明を させていただきます 。

中小企業やベンチャー企業にとって経営の切り札は「人事評価制度」による企業改革です

いま政府は戦後経済を支えてきた労働政策を見直し、国を上げて新しい「働き方改革」に取組んでいます。それに併せて、企業を経営するに当たって、人事領域における経営的な課題への積極的な取組みが急務となっています。昨今の労働環境は、労使紛争に加え、労働力の不足、賃金の上昇、労働者保護、社会保険料の改訂等、中小企業やベンチャー企業にとって大変難しい課題が山積しています。そして、これからもより一層厳しいものになると予測されます。

このような環境下において、いま何故、企業規模を問わず人事評価制度の抜本的な見直しが叫ばれているのでしょうか? それは人事評価制度が企業の業績向上に直結しているからです。加え、短期間で成果の出せる即効性を持っているからです。具体的には社員の労働生産性の向上、管理職の質的向上、熟練社員の離職防止、優秀な人財の採用力UP、それに企業理念や事業目的の再確認等を通じて、即効的な企業改革が可能となるからです。

オリジナル人事評価制度に
ついてAbout

パッケージではない、企業ごとに手作りのオリジナル人事評価制度です

当社の「オリジナル人事評価制度」の最大の特徴は、既存のパーツを組み合わせて提供するパッケージ・システムはなく、極端に言えばご依頼先の企業毎に《手作り》で創り上げるオリジナル性にあります。

そしてコンサルティングするに当たって最も大切にしたいのは、経営者がどのような企業理念を持ってその企業の経営を行い、どのような方法を持って事業目的を達成したいのかと云う『企業家としての思い』と、その企業で働く社員とその家族一人一人をどのように幸せにしたいのかと云う『経営者としての思い』です。

その二つの思いを実現するために、当社の「オリジナル人事評価制度」で一番時間を掛けているのが、経営者との面談、社員との面談です。ちなみに過去の例では、経営者との面談に平均10時間余、そして社員との面談に一人当たり平均で1時間余。加え社員との面談結果を踏まえて作成するレポートに社員一人当たり平均で1時間。そして集合体としての部門が抱える課題等のレポートにも、一部門3〜4時間を掛けています。

そして、この多大な時間を掛けている面談が、ご依頼先の期待に応えられるかどうかの分かれ目となります。またこの面談を通じて、ご依頼先の実態をどれだけ的確に、どれだけ客観的に捉えることが出来るかどうか、それが当社に対する評価でもあり、当社最大のセールスポイントでもあると思っています。

社員が明るく元気になって、会社の業績が伸びるのが一番です

「人事評価制度」を新たに構築するということは、大前提として法令や通達を遵守し、目まぐるしく変わる政策にも配慮する必要があります。それに加え、最近では雇用形態の多様化、労働環境の整備、高齢者の就労機会の拡大等、社会構造の急激な変化に伴う新たな課題にも考慮する必要があります。また企業としては社会的貢献の視点も見過ごす訳にはいきません。

このように考えると、人事はやはり企業経営の一つの大きな根幹と言えます。社員がハツラツと頑張る企業は伸びます。社員が自慢する企業は伸びます。そして、そのような会社には良き人財も集まります。

当社は「職場は人生の中で一番多くの時間を過す場所として、安心、安全で楽しく、そして将来に向けて夢を持って過ごせる場所であるべきだ」と思っています。そのためには、その根幹としての「人事評価制度」は避けては通れないと思います。

オリジナル人事評価制度の
導入ステップについてFlow

第1Step 個人面談の実施Personal interview

まずは全社員一人一人と一時間の個人面談を実施します。そして個々の意識レベルと就業上の課題等を把握します。そして、個人面談の結果、一人一時間を掛けた詳細レポートを経営者に親展で報告いたします。また個人的な課題に留まらず、経営上の問題点等も含めてレポート致します。

もっと詳しく知りたい方はこちら

第2Step 就業規則等の作成Office regulations

経営者の企業経営に対する思いの実現と、社員が安心して働ける職場環境の実現を目的に、就業規則と諸規程の整備を行います。そして労使間の信頼関係の構築と、平等で秩序ある職場環境の構築を目指します。特に昨今は、各種ハラスメント、情報漏洩、労働時間等に留意し作成します。 

もっと詳しく知りたい方はこちら

第3Step 人事評価制度の策定Formulate

人事評価制度は、経営者が考える企業理念と事業目的を、社員に具体的に伝え、会社全体をその方向に導くための究極のツールです。そして、この企業独自のオリジナルな人事評価制度の最大の目的は、この企業で働く社員のモチベーションアップとその家族を幸せにすることです。

もっと詳しく知りたい方はこちら

第4Step 制度全般の運用Investment

新しい人事評価制度が出来ても、正しく運用されていなかったり、企業経営や社員のモチベーションにタイムリーに反映されていないのであれば何の意味も持ちません。人事評価制度が日常業務の中にシステム的に組み込まれ、その結果が一気通貫で評価に繋がることが不可決です。

もっと詳しく知りたい方はこちら

オリジナル人事評価制度
の導入効果 Introduction Effects

パッケージでなく自社オリジナルです
人事を通じて経営全般の課題解決を目指します
経営者の企業理念や事業目標を周知徹底します
全社のモチべーションを高めて業績向上を実現します
貴重な社員の離職をなくします
将来を担う優秀な社員の採用ができます
管理職の再教育をします
社員とその家族の幸せを実現します
経営リスクや経営コストが大幅削減ができます
最新の法的な労働環境を実現します

オリジナル人事評価制度
Q&AQuestion and Answer

当社の「オリジナル人事評価制度」を導入検討中の企業様から、実際にいただいたご質問やご相談の中で、特にご参考になると思われる項目について、当社の基本的な考え方や実際に成功した事例を述べさせていただいております。 例えば、以下のような事例があります。是非とも、ご参考にしていただければと思います。
 

もっと詳しく知りたい方はこちら

人事評価制度は「中小企業やベンチャー企業」でも必要ですか?
オリジナル人事評価制度の導入が「企業の業績向上」に直結するというのは本当ですか?
オリジナル人事評価制度の導入で「社員のモチベーションがUPする」というのは本当ですか?
優秀な社員が採用できる人事評価制度を構築したいのですが、そのポイントを教えて下さい?
貴重な社員が辞めない人事評価制度を構築したいのですが、そのポイントを教えて下さい?
人事評価制度が「経営の切り札」と言われるのは何故ですか?
人事評価制度の見直しと運用をするまでに「どの位の期間」を要しますか?
社内に人事の専門家がいなくても「オリジナル人事評価制度」の導入と運用は可能でしょうか?
企業ブランドの構築と「人事評価制度」の関連性について教えて下さい。
オリジナル人事評価制度は「評価・昇給・昇進」の仕組みを見直すだけですか?
人事評価制度の見直しや導入で「大幅なコスト削減が出来る」というのは本当ですか?
企業経営のリスク削減に「オリジナル人事評価制度」はどのように役立ちますか?
中小企業・ベンチャー企業向け「人事評価制度セミナー」の内容について教えて下さい。
中小企業やベンチャー企業にとって「人事評価制度」を導入する目的とは何でしょうか?
AI (人工知能) を活用した人事評価制度がありますが、どうなんでしょうか?
中小企業・ベンチャー企業における人事評価制度見直しのポイントとは?
人事評価制度を一日で構築できるという話を聞きますが、本当ですか?
大企業と中小企業・ベンチャー企業では人事評価制度の考え方に大きな違いがあるのでしょうか?

お問い合わせ・ご相談に
ついてContact

「オリジナル人事評価制度」についてのお問い合わせ、ご相談は随時受け付けを致しておりますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。なお、お問い合わせに際しては、 お問い合わせフォーム でのご連絡をお願い致します。原則として 24時間以内に、メールで返信のご一報を入れさせていただきます。その結果、ご面談による相談を希望される場合には、関東圏であれば日程調整の上、お訪ねすることも可能です。

対応エリアは原則は全国を対象としていますが、現在は往復の時間や費用の問題もあり、仙台から東名阪の範囲でサービスをお引き受け致しております。それ以外の地域からのご依頼につきましては個別に承っておりますので、 お問い合わせフォーム からのご連絡をお願い致します。

また関東圏以外からのより詳細なご相談等につきましては、事前に日時を決めて Skype 等によるテレビ会議での対応も出来ますので、この場合も お問い合わせフォーム からのご連絡をお願い致します。

また近郊の企業様には、毎週火曜日、新横浜にて定例の個別相談会を無料で開催いたしておりますので、お気軽にご相談にお越しいただければ幸いです。お申し込みは、下記バナーをクリックしていただきますと、無料個別相談会の詳細ページに進みます。

導入に要する時間と費用Consulting fees

《制度導入に要する時間》

経営者との企業理念、事業目的の確認
10時間
社員との個人面談とレポート作成
2時間×人数
部門別の課題抽出とレポート作成
4時間×部門数
就業規則、業務分掌、職務権限作成
60時間
人事評価制度の作成(昇給、賞与、昇進)
90時間
上記制度の周知徹底と運用指導
60時間

社員数50名の例では作業時間は概ね350時間となります 。内訳としては、社内の打ち合わせ・全社員個別面談、会議出席、事前の準備資料作成、運用制度の構築、正式な社内書類作成、社内説明会出席等を含みます。なおご契約に際しては 、 上記一括請負を基本に別途お見積りとなります。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

オリジナル人事評価制度 メニュー

アクティブ・ソーシング・ジャパン メニュー