中小企業・ベンチャー企業向け『オリジナル人事評価制度』は、企業理念と事業目的を形にすることによって、業績向上と社員の幸せを実現します。
  • HOME »
  • 企業情報

企業情報Corporate profile

アクティブソーシングジャパン株式会社のロゴの由来、会社概要、代表者略歴、アクセス情報を掲載しています。

  • ご挨拶
  •  

弊社は日本の社会や経済が抱える諸々の課題に対して、過去の経験や先駆的な挑戦を通じて、より有効的な解決策を常に模索している企業です。

当社が今、その一環としてこれからの新しい人事制度改革の指針となる「オリジナル人事評価制度」を開発・提唱いたしております。

今回の「オリジナル人事評価制度」の開発(一連の仕組みの構築)に当たっては、法的な根拠は勿論ですが、それに加えて私自身の社員、管理職、役員、経営者、色々な立場での実体験が全てのベースに元になっています。その中で、「人」への取組みが企業にとってどれだけ大事なものか、また働く人にとって、どれだけ大切なものかを色々な形で痛感をしてきました。そして、経営者の視点一つで会社の経営が良くも悪くも大きく左右されることを幾度となく体現してきました。またその結果として経営者も含め、共に働く「人」全ての幸・不幸を目の当たりにして来ました。そして昨今では、少子高齢化が進む日本社会にとって人財の更なる活用が不可決であると云う現状も肌身で感じています。そのような経験や認識の基に考え出されたのが、今回の「オリジナル人事評価制度」です。当社の「オリジナル人事評価制度」は、前記のような経営課題に正攻法で取組んで、企業の業績向上と社員の幸せを実現する「経営の切り札」と言えます。

具体的には、「オリジナル人事評価制度」は制度の書式化やシステム化以前に、経営者の視点をベースに、如何に優秀な人財を集め,如何に効果的な教育指導を行い、如何に戦力としてのモチベーションを高め、如何に長期に渡って会社に貢献してくれる人財を育成するか、そして結果として企業の力を最大限に高め、企業理念と事業目的を如何に達成するか、そのことに的を絞った「人」の経営基盤づくりを、それが「オリジナル人事評価制度」です。

そして、もう一つ経営者として忘れてはならない目的があります。それは共に働く仲間である社員の夢や将来、そしてその家族の幸せを如何に実現するかと云うことです。そのために会社にはどのような環境、仕組みづくりが必要か、それも「オリジナル人事評価制度」の大きな目的と言えます。この二つの使命を持って生まれたのが、今回の「オリジナル人事評価制度」です。

経営者の皆様には、是非とも当社が提唱する「オリジナル人事評価制度」の主旨にご理解賜わり、ご検討の程、謹んでお願いを申し上げる次第でございます。

アクティブ・ソーシング・ジャパン株式会社

代表取締役社長 森崎利直

  • ロゴの由来
  •  

共通の目的を持った個人が、各人の役割を担って、その責務を果たすことができれば、それは社会に大きな拡がりとなって、大きな変革の波を起こす事ができるだろう。

  • 会社概要
  •  

会社名 アクティブ・ソーシング・ジャパン株式会社
Active Sourcing Japan Co.,Ltd.
設立 2015年4月
代表者

代表取締役社長 森崎利直
Facebook

Blog



代表者略歴&プロフィール

所在地 〒214-0013 神奈川県川崎市多摩区登戸新町358番 エンゼルビル302号
TEL&FAX:044-455-4826
WEB情報 HP : http://asj-ope.co.jp 
Mail : info@activesourcing.jp
事業内容

経営サポート、マーケティング、新規事業開発全般           企業再生、企業買収、後継者育成、事業承継全般
人事制度構築、人財教育、資金繰り全般

企業理念 「日本のもったいない」を「日本の元気」に
企業目的

中堅・中小企業の経営改善と地域経済の活性化
アクティブ世代が活躍する起業大国日本の実現
安心・安全・快適なシニア化社会の創造

  • アクセス
  •  

〒214-0013 神奈川県川崎市多摩区登戸新町358番 エンゼルビル302号
◆小田急線 登戸駅より徒歩5分 JR南武線 登戸駅より徒歩5分

弊社代表プロフィール

  • 経歴
  •  

 

森崎利直 (もりさき としなお)

1947年7月10日
神戸生れ。69歳。1970年3月、甲南大学経済学部卒業
1970年4月
日本オリベッティ株式会社に入社
1989年1月?2005年1月
株式会社日本デジタル研究所取締役マーケティング本部長
2005年2月?2007年2月
アイベックスエアラインズ株式会社代表取締役社長
2009年6月?2014年8月
アカウンティング・サース・ジャパン株式会社代表取締役社長
2015年4月
アクティブ・ソーシング・ジャパン株式会社代表取締役社長

  • 経歴詳細
  •  

1989年

東証一部企業で会計事務所向けシステムを開発・販売する日本デジタル研究所(略称JDL)に就職。マーケティング担当取締役として、16年間、会計事務所業界向けのシステムの企画、開発、マーケティング全般を担う。また卓越した創業経営者の指導の下、経営企画担当の取締役も兼務して、常に経常利益率20%超を誇る優良企業体質の実現に寄与する。

2005年

JDLの子会社で7年連続の多額な債務超過を抱える地域航空会社「アイベックスエアラインズ」の代表取締役社長に就任、関西と東北を結ぶ交通インフラの整備に力を入れ、カナダ製ボンバルディアCRJ(50人乗りのジェット旅客機)4機で伊丹、成田、仙台を拠点に24便の定期運航を行う。そして、2年目で累計搭乗者数100万名を達成し、単年度黒字化を達成する。

2009年6月

61歳にして日本で初めてクラウドコンピューティングによる会計事務所向けSaaSシステムを企画・開発するためにアカウンティング・サース・ジャパン株式会社を設立。全国30,000件の会計事務所の内、その80%近くを先達の一部上場企業が占める超寡占状態のマーケットに正面切って参入をする。そして5年間で会計事務所マーケットの6%である約1,800件の会員を獲得する。

その間、経済産業省のベンチャー支援制度である「エンジェル税制」を活用して800名の会計人株主から5億4000万円の資金調達を行う。また世界No.1のクラウド企業セールスフォースと資本業務提携に加え、GREEベンチャーズ、オプト、SMBCキャピタル等から9億2500万円の出資を実現する。

2015年4月

67歳にして新たにアクティブ・ソーシング・ジャパン株式会社を設立する。そして、豊富な経験を活かして、外部ブレーンとして、経営サポート、新規事業開発、事業再生、企業買収、事業承継、資金調達、人事評価、幅広い分野で企業経営をサポートしている。

また自らも、 地域経済の地産地消と中小企業の活性化、そしてシニア世代が活躍する起業大国日本の実現に向けて日々事業化に取り組んでいる。そして、シニア世代の代表として50歳以上のシニアの経済活動における有効活用を提唱し、「日本のもったいないを日本の元気」に変える活動を率先している。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

オリジナル人事評価制度 メニュー

アクティブ・ソーシング・ジャパン メニュー