中小企業・ベンチャー企業向け『オリジナル人事評価制度』は、企業理念と事業目的を形にすることによって、業績向上と社員の幸せを実現します。
  • HOME »
  • »
  • 中小企業やベンチャー企業にとって「人事評価制度」を導入する目的とは何でしょうか?

オリジナル人事評価制度 相談室Consultation room

新しい人事評価制度の採用は大きな経営判断。代表的なご相談を列記しましたので、ご参考にして下さい。

  • 中小企業やベンチャー企業にとって「人事評価制度」を導入する目的とは何でしょうか?
  • 言葉だけ「人事評価制度」と聞くと、昇給や昇格を決める査定のツールというイメージがありますが、それは大きな目的を達成するための仕組み・役割の一つにしかなりません。人事評価制度の真の目的は、企業経営の核である「人/社員」への色々な取組みを通じて「社員」の成長を促し、「組織」の活性化を図り、結果として企業の業績向上と社員の幸せを実現することにあります。

    「社員」の成長を促すためにはまずは現状を知らねばなりません。社員が職場で抱えている課題、そして社員が会社に期待しているところを把握した上で日々の業務を通じて教育・指導をすることが大前提となります。そして社員個々の視点だけではなく、各組織、会社全体として切磋琢磨しながら教育・指導できる環境づくりが大切となります。

    制度や仕組みづくりはそのツールにしか他なりません。そのように考えると、「人/社員」を切り口とした企業改革が真の目的と言えます。企業が抱える経営から末端の業務に至るまで、全て「人/社員」の関係しない項目はありません。「人事評価制度」というインパクトのある言葉を掲げて、全社的な現状課題の棚卸し行い、そして全社一丸となって企業改革に取組む、それが「人事評価制度」が「経営の切り札」とも言われる本当の所以でもあります。

    呉々も制度の見直しや導入はツールの整備であって、最終目的ではないことを忘れないことが何よりも大事と言えます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

オリジナル人事評価制度 メニュー

アクティブ・ソーシング・ジャパン メニュー