中小企業・ベンチャー企業向け『オリジナル人事評価制度』は、企業理念と事業目的を形にすることによって、業績向上と社員の幸せを実現します。
  • HOME »
  • »
  • 人事評価制度が「経営の切り札」と言われるのは何故ですか?

オリジナル人事評価制度 相談室Consultation room

新しい人事評価制度の採用は大きな経営判断。代表的なご相談を列記しましたので、ご参考にして下さい。

  • 人事評価制度が「経営の切り札」と言われるのは何故ですか?
  • 人事評価制度というと単に査定、昇給、昇格制度と思いがちですがそうではなく、当社の「オリジナル人事評価制度」の基本的な考え方は、企業における「人」に関すること全てを見直しの範疇と捉えて考えます。言い換えると、「人」を企業経営の核心と捉えて、「人」に対する社内の棚卸しを実施することで、「企業改革」を行おうとするものです。

    この見直しを経営者の視点から見ますと、企業理念の周知徹底、事業目標の達成、そして結果としての業績向上に大きく影響します。また、昨今では企業ブランドの構築やCSR活動にも大きく影響をします。一方、社員の視点から見ますと、社員の採用、労働条件、職場環境、教育指導体制、社員の生産性向上、モチベーションUP、昇給昇格、社員の退職等がその範疇に入ります。そして、最終的に社員と家族の幸せの実現を目指します。

    そのためには具体的な作業として、全社員面談、就業規則等の改訂、評価制度の構築、運用管理の徹底等を全社を挙げて地道に取組む必要があります。通常は見直しを行って正常に運用が出来るまでには、全ての業務が体験できる約1年を要します。前半は全社員面談、就業規則等の改訂、評価制度の構築、後半は運用管理の徹底となります。この一年間、経営者を先頭に外部専門家の力も借りながら全社一丸となって社内の棚卸しをすることによって「企業改革」を押し進める訳です。一見、一年の期間は長いように感じますが、経営基盤としての「人」は一度出来上がると「モノ」のように世の中の動きに影響されることはありません。また「カネ」のように増えたり減ったりするものではありません。「人」は企業にとって一番信頼の出来る経営基盤となる訳です。そのように考えると人事評価制度の見直しは、やり方を間違えなければ、確実に成果のでる「経営の切り札」と言えます。それも即効性を持った「経営の切り札」と言えます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

オリジナル人事評価制度 メニュー

アクティブ・ソーシング・ジャパン メニュー