中小企業・ベンチャー企業向け『オリジナル人事評価制度』は、企業理念と事業目的を形にすることによって、業績向上と社員の幸せを実現します。
  • HOME »
  • »
  • 人事評価制度の見直しや導入で「大幅なコスト削減が出来る」というのは本当ですか?

オリジナル人事評価制度 相談室Consultation room

新しい人事評価制度の採用は大きな経営判断。代表的なご相談を列記しましたので、ご参考にして下さい。

  • 人事評価制度の見直しや導入で「大幅なコスト削減が出来る」というのは本当ですか?
  • 本当です。「熟練した社員が辞めた場合の欠員補充をするために要する費用」を例に考えてみましょう。前提条件として、退職が発生した時に関係する退職者本人、職場の同僚、人事担当者、新たに入社する補充社員も分かり易く人件費を一律440万円で計算するとします。

    そのような条件下で熟練した社員が退職を申し出たとすると、詳細な計算は割愛しますが、退職に伴う想定外の引き継ぎコスト、補充に伴う採用担当者のコスト、人材紹介会社を利用した時に支払う仲介コスト、補充までの不在期間に要する職場の同僚にかかる超過労働コスト、補充社員の教育期間のコスト、補充社員を教育する担当者のコスト、そして補充社員が業務に慣れるまでの同僚の支援コスト等が必要となり、この例では約330万円(退職者の年収の約75%)の予期せぬコストが掛かることになります。

    しかし、上記の試算はあくまで数値換算できる項目の一部だけで、社内のモチベーションの低下に加え、職種によっても異なりますが、業務処理の質的な低下、また社内外おける人的コミュニケーション・信頼度の低下によるマイナス影響等、目に見えない要素も多々有ります。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.

オリジナル人事評価制度 メニュー

アクティブ・ソーシング・ジャパン メニュー